つけ麺は好きですか?

つけ麺は好きですか?

つけ麺の始まり

 

新小岩『一燈』

 

東池袋『東池袋 大勝軒 本店』

 

吉祥寺『つけ麺 えん寺』

 

野方『無鉄砲つけ麺 無極』

新宿『風雲児』

大久保『はやし家』

西日暮里『つけめんTETSU 千駄木本店』

銀座『朧月』

新宿三丁目『二丁目つけめんGACHI』

つけ麺は好きですか?

東池袋『東池袋 大勝軒 本店』

発祥の店舗を話さないでどうするか!?

次にご紹介するのは、と書きましたがやはりつけ麺の発祥の地とも言われている店舗を置いて話をこのまま進めることは出来ないでしょうね。というわけでそんなつけ麺を開発したと言われている山岸一雄さんが創業した『東池袋 大勝店 本店』について話をしていきましょう。つけ麺といえば大勝軒と言ってもおかしくないでしょう。つけ麺の魅力を開発しただけでなく、1970年代のブームを広げることになったこちらの大勝軒グループがあったからこそ、現在までに続くつけ麺としての存在を確立するまでに至ったということです。元々は賄として従業員の食事として振舞われていた商品が、今や日本のラーメン文化において重要な位置にまで上り詰めている人気ジャンルとして考えてもおかしくないというんですから、大勝軒の偉業といって良いでしょう。

そしてそんな大勝軒の味を全国に広めるようになっていき、現在では全国各地に弟子を数多く持ち未だに魅力を伝え続けている大勝軒があるのは東池袋です。池袋といえば、ラーメンが好きな人は知っているでしょう。日本全国において最も有名なラーメン激戦区となっているのです。激戦区というのもアレです、見渡す限りラーメン店の看板がそこかしこに乱立しているといって良いくらいのレベルなんです。そのためここでラーメン店を開業してお客さんを獲得していくというのは、非常に至難の業です。というより確実に淘汰されること間違いないでしょう。そもそもそんなところで開業したいと思う人もいないと思いますが、自分の味が絶対的に優れていると思っている強気な人は果敢に挑戦するのかもしれないですね。

そんな池袋に店舗を構えている大勝軒ですが、つけ麺としての地位に関してはある意味では殿堂入りを果たしているといって良いのではないでしょうか。定番中の定番商品を提供しているということで、つけ麺ファンからすれば、昔ながらのつけ麺を食べることが出来るのでつけ麺初心者からすればまずは大勝軒に行くべきでしょう。王道中の王道を食べなくてつけ麺道の何を語れるというのでしょうか。こういうところで、オーソドックスを食べるか否かで分かれると思います。個人的にはあまり独創的な商品を食べる前にまずは定番ともいえる商品から口にしてから、その後自分の味覚にあったオリジナリティ溢れるつけ麺を探すたびに出るというのが良いのではないでしょうか。こういうとき、始めからチャレンジメニュー的な商品を口にしてしまうと偏見的な意見でしかものを見れなくなる危険性も出てきますから、定番ともいえるものを食べてから次のステップに進むことをお勧めします。

ラーメン・イケメン・僕つけめん

ビキニラインよりも内側の陰毛をワックスで脱毛することをブラジリアンワックス脱毛と呼び、今大注目されています。
目的は、皆さんが住まいづくりを通して幸せになること。それが叶うのは、「環境デザイン住宅」!注文住宅 横浜住宅産業の都合で知らずと・・・与えられてしまうのではなく、建て主側の専門家とその思いをしっかり確認して造る事を大切にしています。

まさに定番

大勝軒でのつけ麺とは『もりそば』のことを意味しています。店内に入ってつけ麺の表示がないかもしれないですけど慌てないで下さいね。まぁ店員さんに聞けば教えてもらえるので聞くと良いでしょう、店員さんにどう思われるかということを気にする必要はありません。行き着けとなったらただの嫌がらせでしかないですが、始めて来店した店で戸惑うことは当然ありますから臆せず質問することもときに大事になります。

大勝軒のもりそばですが、まさに伝統中の伝統の味を守り続けています。その歴史にしておよそ40年以上味を伝授し続けています。それだけの時間が経っていても味が落ちないというのは教えをきちんと守っているということに他ならないでしょう。老舗になればなるほど味を守る傾向にありますから、そこが大勝軒の強みでもあります。

味についてですが、それは恒久的に変わることない味とまでいわれています。まさしく日本人にしてみれば最も親しみ溢れる魚介・豚骨・鶏の味わいが重なり合って、そこに少しだけ酸味の利いたつけ汁を大勝軒特製の太すぎずコシも抑えてある柔らかめの麺が絶妙に絡みあうことで、老若男女誰でも食べることの出来る味を実現しているのです。つけ麺の定番を食べたことのない人からすれば少し物足りない麺とコシになってしまいますが、麺の量は350gというボリュームになっているので空腹になっている意袋を満たすだけの量は確実にあるといえます。これで物足りないという人は果敢に大盛りを注文してみると良いでしょう。ちなみに先ほどの350gに関しては大勝軒からしてみれば並盛りという位置にいます。でもこれがつけ麺というものの中では標準値だと思うのですが、案外お店によっては異なっているのかもしれないですね。大食らいの人からすればつけ麺は最高のメニューですね、つけ麺は今でこそ助成でも親しまれているメニューとなっていますが、基本男性を中心にしたボリューム満点商品となっています。そんな大勝軒だからこそ、近場に店舗がある場合には胃袋を空っぽにしているサラリーマンや、土木作業員の方々にとっては最高のお昼ご飯ということになるでしょう。これからも変わらずそんなボリュームで腹をすかせているワンパクなお客様方を圧倒していただきたいものです。

近所のつけ麺屋をさがせ!

お店の情報

絶品つけ麺