つけ麺は好きですか?

つけ麺は好きですか?

つけ麺の始まり

 

新小岩『一燈』

 

東池袋『東池袋 大勝軒 本店』

 

吉祥寺『つけ麺 えん寺』

 

野方『無鉄砲つけ麺 無極』

新宿『風雲児』

大久保『はやし家』

西日暮里『つけめんTETSU 千駄木本店』

銀座『朧月』

新宿三丁目『二丁目つけめんGACHI』

つけ麺は好きですか?

新宿三丁目『二丁目つけめんGACHI』

こちらやはり激戦区にあるつけ麺店

最後にご紹介するのは、こちらもやはり日本のビジネスマンたちが日々営業で歩き回っているのを見かけることが多い新宿、その三丁目に店舗を構えている『二丁目つけめんGACHI』です。三丁目にあるのに二丁目ですか、これはウケを狙っているのかどうなのかは分かりませんが店名に関してはそれほどまで突っ込まないでおきましょう。お店の名前なんて店主のセンスで決まるものです、時々どうしてこんな店名をつけたんだというようなところも散見していますから、そこを他人がどうこういって批判することでもないでしょう。

店舗は新宿三丁目駅C7出口から出て徒歩2分のところに位置しているそこは、まさしく人通りの多さといったらこれでもかというところでしょう。とは言っても表通りから少し離れていますから若干ではありますが閑静といって良いのではないでしょうか。目印となるのは辰巳出版というギャンブル形の雑誌を多く発行している会社がそばにあるので、その筋に詳しい人なら良い目印になるでしょう。そんな要らない情報を持っていない人でも出版社を目印にして店舗を探してみると意外と道しるべになって良いでしょう。

住所的なものとしてですが、実はこちらの店舗は地理的なものからして見ると新宿二丁目という、いわゆる同性愛者の方々が多く集っている街にあるつけ麺の店舗となっているのです。ここに来る人の中には確かにその筋に人がくることもあるかと思いますが、いきなり襲われるという身の危険に遭遇することはないので安心してください。そもそもそんなことをしたら捕まりますから、健全につけ麺を食べに来たということで堂々と構えていてください。堂々としすぎていると違う意味で色々な誘いを受ける可能性もありますからご注意ください。

ここは市ヶ谷にある『麺や庄の』がセカンドブランドとして立ち上げたラーメン店となっているので、つけ麺ファンだけではなく、こちらの店舗に馴染みがある人にとっても魅力的なお店となっています。

ラーメン・イケメン・僕つけめん

ダイナミックな盛り合わせのつけ麺

つけ麺というのは麺とスープは命といったものですが、こちらの店舗で提供されているつけ麺に関しては麺とスープ、さらにその上に乗っている具材に関しても来店してくるお客さんを圧倒します。スープにはつけ麺ではなかなかない塩味をベースにした超濃厚な鶏ポタージュである『SioDX』がお勧め商品となっています。無駄に英語を用いているのが何となく気になりますが、いわゆるアメリカンな演出を加えたラーメンだということを強調したいのかもしれないです。

その理由として具材にはなんと、フライドチキンというラーメンにはどう考えても不釣合いなものが乗っているのです。ラーメンとフライドチキン、見事なまでに油と脂のコラボレーションです、お腹に来そうですね色々と。単体で食べ続けていると飽きてきそうですが、アクセントとして使用する添え付けのレモンを使用することで口直しにもなって箸の進み具合を維持してくれます。麺を食べきる前に具材を食べただけでお腹が膨れてしまいそうですが、そこは底なしの胃袋様に活躍をしてもらいましょう。

麺の量は基本300gとなっていて、どうしてここで普通と比べたら少し多いくらいの量にしたのか、と突っ込みたくなりますが何でもかんでも出血大サービス的にしていたら採算合いませんしね。鶏からじっくりとスープを取っているのでコラーゲンがたっぷりと絡み合った麺を食すれば、明日からお肌の調子がぐんと良くなるかも。

女性にも人気の商品となっているそうですが、それは女性のような男性型にも人気があるということでしょう。店内で綺麗な女性がいても、もしかしたら戸籍上は男性ということもあるかもしれないですから、この街の人は本当に見分けが付かないとまでいわれています。店内に入って女性のように見えても男性だったと、驚愕しそうですがそれ以外の意味で驚くようなことが待っているかもしれないと、少し危険な香りを感じます。

新宿二丁目は夜の街ということで、どちらかといえば夜の方が活気付くと考えて良いでしょう。そのため、ここにいきたいと考えていても所在している街なだけに行くことをためらっている人は昼時に訪れれば、ある程度心の重荷が外れてくれるのではないでしょうか。そもそも偏見的な意見を持ってはこの街に訪れることは出来ないですけどね。基本的に何もしなければ無害な街となっていますので気楽に考えつつ訪れて、今まで見たことのないような斬新過ぎるつけ麺を味わってみると人生観が変わるかもしれないでしょう。

お店の情報

近所のつけ麺屋をさがせ!

最後に

つけ麺を食べるならここ、ということで紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ここで紹介したのはほんの一部となっているつけ麺の店舗となっているので、その他にもまだまだ東京都内だけに限定しても数多くの店舗が存在しています。

そんなつけ麺の店舗についてですが、一ついうとしたら必ずしも人気店が自分達の口に合っているということを保障しているわけではないということです。人気店だから必ず美味しいというわけではないのが、人間の好みに左右されるところでもあるわけであります。美味しいところは確かに美味しいですが、時々美味しいではなく『惜しい』になってしまったという経験ありませんか?一般的な見解からすれば美味しい店舗ということになるのかもしれないですが、自分の味覚や好みによって美味しいはずの料理が美味しくないというのは、お金を払う上では非常に惜しいところです。人に進められたから着てみたけど、入って賞味して見たら予想した以上に自分には合わなかった、ということもあります。こればっかりはしょうがないんですけどね。だからこそ食べ歩いて自分にあっている店舗は何処なのかなぁと探し回る人も多いでしょう。そういう店を考慮すると、ラーメンライターとして活動している人は、自分の好みももちろんあるかと思いますが中には自分にはどうしても合わないというものを食するときもあるでしょう。ラーメンではそんな事はあまりないと思いますが、それでも中には本当に受け付けられない商品もあったりします。独創性の強い商品に関しては特にその傾向にあるかもしれないですね。

先ほど紹介した『朧月』の夏季限定メニューとして食すことの出来る『トマトカレーつけ麺』というのを紹介しましたが、この原稿を書いている私はこの商品は食べられません。私個人の味覚としてトマトが食べられないので、恐らく一口食べただけで、リバースしてしまう恐れもあるので手は付けられません。自分の嫌いなふんだんな食材を利用している商品ほど、食べられないといっていいのではないでしょうか。オリジナリティ溢れる商品もたくさんありますが、中には自分の好みに合っていないものもたくさんあります。それでも仕事で食べなくてはならないという人にとっては、一種の修行になってしまっていると考えて問題ないでしょう。

つけ麺も好みによってはかなり分かれると思いますが、まだまだつけ麺の種類というのは全国規模で広がっているので、都内だけではなく色々と足を運んで様々なつけ麺を楽しんで見るのも良いかもしれないでしょう。

絶品つけ麺
ブラジリアンワックス脱毛 | ブラコレ脱毛の方法 脱毛完了後、皮膚に残ったワックスを取り除き、保湿して仕上げます
目的は、皆さんが住まいづくりを通して幸せになること。それが叶うのは、「環境デザイン住宅」!注文住宅 横浜住宅産業の都合で知らずと・・・与えられてしまうのではなく、建て主側の専門家とその思いをしっかり確認して造る事を大切にしています。